読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りぬ。日記

旅行記。カメラ記。アイドル談義。料理記録。できたらいいな、できるかな。

インスタの写真アカウント作成!

 

 

おはようございます☀☀☀

朝にブログなんて我ながら珍しい。

 

 

 

写真整理の一環でさ、調子こいて

インスタのアカウントも写真用に作ってしまったのです。

 

撮った写真はとりあえず力試し的な感じで

フォトライブラリーに出してみてるから、

同じ写真は載せられないけど。

 

色んな人に写真を見てもらうには

フォトライブラリーより断然インスタなんだよな〜〜〜

 

 

と言っても滅多に撮りにいかないから

完全に懐古厨だけどね笑

 

 

アカウントでございます。

 

https://instagram.com/myyynu.photo/

 

 

 

 

編集とかクソ簡単にできるから

インスタは楽チンなんですよね

 

 

まぁあんま編集しすぎて色味がはっきりしすぎてるのとか

好きじゃないですけど。

 

 

でもたまにやる分、少しの編集なら楽しいんですわこれが。

 

 

ブログより気軽に更新できるしね。笑

 

通勤時間がわたしは長いので、

その暇つぶしにもってこい!

 

 

f:id:ryyynu:20170124073438j:image

 

 

 

 f:id:ryyynu:20170124073451j:image

 

 

ちょっとオーバーめな編集も。

 

f:id:ryyynu:20170124073556j:image

 

 

彩度をいじると、ちょっと暗くなっちゃったなー

なんて写真も結構綺麗になるもんなんですね。

 

彩度と明るさ調節機能には大変お世話になっています笑

 

 

 

あと傾き変えられるやつ。

 

 

 

きちんとした角度、水平?に撮るのって難しいんだなって感じています。

 

今までそんなこと気にも留めずに写真撮ってきたけど。

 

 

 

iPhoneで見る分には分からないんだけど、

パソコンとかの大画面で見るとこれが良く分かるんです。

 

 

あ、傾いてるなーって。

 

 

 

そう意味での修正?編集ができるようになりまさた笑

 

 

カメラ買って1年半。笑

 

遅い。笑

 

 

 

今までどれほど写真を撮ってこなかったか。

 

また、見返してこなかったか。笑

 

 

 

やっぱり見返したいと思うような写真を撮らないと

整理もクソもないですね。

 

 

カメラ買いたての時期の写真とか

なぜこれを撮ったと聞きたくなるような写真ばっかだもんね…

 

 

 

2017年は見返したくなるような心ときめく写真を撮りに行こう…

 

 

 

とりあえず河津桜かな?

あとは桜!

ありがちではあるけども!

 

 

 

さて、語ってしまいましたが。

 

タグ付けで同じような趣味の人の写真が簡単に見られるのも

インスタならではの手軽さですね(*'▽'*)

 

 

まだいいねは多くて20前後だけど、

見てくれる人が少しでも増えてくれたら嬉しいかな😃

 

 

さて、珍しく朝更新でした。

 

 

今日も一日お仕事頑張りましょう

 

 

 

 

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

年末年始ドイツ旅行 5日目 ミュンヘン観光と総まとめ

 

さあ、最終日です!

 

 

大晦日の12月31日(土)

 

 

行きと違い、帰りは旅工房の送迎のオプショナルをつけたので、

20時のフライトに対して、17時にホテルでの待ち合わせでした。

 

 

なのでそれまで、最後にミュンヘン観光を。

 

 

この日の目的は

・まだ食べてない白ソーセージを食べる

・ニンフェンブルク城を見る

・買い損ねたお土産を買う

 

 

の3点!

 

 

 

まず白ソーセージ!

 

白ソーセージ、通称ヴァイスヴルストは

聖ペーター教会の北側にある

ヴィクトアリエン広場にあるお店で食べました!

 

 

f:id:ryyynu:20170113072716j:image 

 

 

ちゃーん

 

 

f:id:ryyynu:20170113073443j:image

 

 

(このソーセージ全部繋がってるんですよ)

 

 

 

これ食べたい!というと目の前で買ってくれます

 

 

f:id:ryyynu:20170113073531j:image

 

 

朝からビール(笑)

 

 

 

しかもホテルの朝ビュッフェでお腹いっぱいなのに(笑)

 

 

 

このソーセージ、お湯で温めて食べるんだそう。

 

 

ナイフで縦に切り込みを入れて、

皮から身を剥がして食べます。

 

バナナみたいに皮を剥がして食べてね、と

ソーセージ屋のお兄さんに教えてもらいました🍌

 

 

このソーセージについてきたマスタードがまた独特な風味で。

 

甘みが強いんです。

 

 

 

変わった味だなーと思って店内を見渡しすと、

使ってたマスタードが売られてたんだけど、

 

スーパーでお土産として4つほど買い込んでたものでした笑

 

 

好みが分かれそうで

ちょっとクセの強いもの買ってしまった感が否めませんが(笑)

 

 

るるぶにただのソーセージも

本格的な味わいになると買いてあった、ドイツの人も使ってる身近なものだから

是非みなさまもお試しを(笑)

 

f:id:ryyynu:20170113074756j:image

 

 

(ちなみにこれです)

 

 

この後は路面電車を使って、

ニンフェンブルク城へ。

 

電車を乗る前にチケットを乗り場で購入します。

日本語もあったから簡単に買えた(*'▽'*)

 

 

ニンフェンブルクは(多分)2ゾーンのチケットを買いました!

 

 

きたトラムに乗り込んで、

わけもわからずとりあえずチケットに打刻(笑)

 

 

 

f:id:ryyynu:20170113075218j:image

 

 

(ごめんなさいこれが正しいのかは不明です笑)

 

 

 

31日は残念ながら大晦日ということで、

ニンフェンブルク城の中は入れず。

 

 

 

でも、雪景色ならぬ霜景色がほっっっっとに綺麗だった!

 

外観だけでも見にいっても十分に満足でした!

f:id:ryyynu:20170113075326j:image

 

f:id:ryyynu:20170113075335j:image

 

 

川が凍ってます。

 

雪降ってないのに、霜で木々が白く凍てついてます。

 

 

 

ほんとに幻想的だった…

 

 

 

f:id:ryyynu:20170113075416j:image

 

 

ニンフェンブルク城に近づくと白鳥がたくさん。

 

f:id:ryyynu:20170113075505j:image

 

 

 

城を抜けて裏にある庭園も見れたよ

 

f:id:ryyynu:20170113075545j:image

 

 

 

裏から見たニンフェンブルク城(笑)

 

f:id:ryyynu:20170115182855j:image 

 

 

ここからまたトラムに乗って、マリエン庭園の近くにあるバウムクーヘンを食べに。

日本人がバームクーヘンをお土産として買うのに大人気だという

クロイツカムに向かいます。 

 

 

ここの店員さんの感じの良さといったら!

 

 

るるぶにも載ってるお店だから

たぶん日本人がよく来るのかな、

簡単な日本語で対応してくれました

 

 

席について、tree cakeと書いてあるのを指差して

「バームクーヘン!」

と教えてくれたり、かしこまりました、と挨拶したら(笑)

 

 

バームクーヘンてtree cakeていうんですね笑

 

たぶん教えてくれなかったら分からなかった笑

 

 

 

プレーンとチョコの2種類があったので、

プレーンと、カフェマキアートを注文。

 

f:id:ryyynu:20170115182832j:image

 

 

 

外側にシナモンかな?

少し風味のあるシロップが重ねられていてとても美味しかった…!

 

ここのあとはひたすら書い損ねていたお土産探し。

 

 

 

大晦日ということで、どこのお店も14時から16時を目処に閉店するところが多かったです。

 

 

ちなみにバームクーヘン食べたところも、

14時までの営業。

 

わたしが最後にお茶やコーヒー、お茶菓子を買い込んだ

マリエン庭園の隣にあるダルマイヤーは15時、

ドイツの靴メーカー、ビルケンシュトックが買いたくてはしごした靴屋さんは

だいたい16時閉店でした。

 

17時に旅工房さわの送迎がホテルにくるので、

16時ごろ、ホテルに帰着。

 

朝、チェックアウトした際に

トランクを預かってもらっていた(別室にて)ので、それを受け取り、

軽く荷物整理をし、

お手洗いで化粧を落とし(笑)

 

 

16:45くらいかな、運転手さんと合流しました。

 

 

ふたりぶんの大きいトランクを、

自分で持つと伝えてるにもかかわらず、

運んでくださる優しいおじさんでした笑

 

 

今まではなかったんだけど、

初めて乗車の際サインを求められたので、

旅工房さんの特徴なのかな?

 

 

18時ごろ、ミュンヘン空港第二ターミナル到着。

 

 

中央口のようなところにあるエレベーターを使い、

地下に降りてすぐのところにANAのカウンターがありました。

 

大晦日ということで、空港はかなり人も少なく、

電気が消されているところも多い。

カフェやお土産やさんはほとんど閉店。

 

出国審査を受けたあと、飲みものをどこかで買いたかったんだけど、

自販機もお店も見当たらず、諦めました笑

 

 

あんな人気のない空港レアだったかも(笑)

 

 

16:45ころ?搭乗し、20時発。

 

寝たり〜映画見たり〜〜〜で、10時間のフライトを経て日本に帰着。

 

元旦の14:45くらいでした。

 

 

 

映画の内容は、行きとなんと違った!

 

 

4月は君の嘘と、バースデーカードを見ました。

 

どっちも涙腺に来る系だね。笑

 

 

 

初めて広瀬すずちゃんいい演技するなって思った。

かわいい。どちゃくそかわいい。

 

 

 

そんな感じの年末年始ドイツ旅行でした。

31日以外は

年末年始だから、観光名所が閉まっちゃって観光しにくいよ〜

みたいなことはなかったです。

 

31日は閉まっている観光名所が多いし、

お土産屋さんやカフェも夕方には閉まっちゃうから

そこは注意かな……

 

 

今まで、学生だった頃に

イタリア、スペイン、フランスに観光しにいったけど、

 

その三カ国と比べちゃうと若干見どころの少ない感じは否めませんでした。

 

でもミュンヘンの見所は、

とても狭い範囲にぎゅっと詰まっているから、

割と観光しやすい感じはします。

 

ドイツはミュンヘンを拠点にノイシュバンシュタイン城やローテンブルクなど、

ちょっとした遠出をしての観光が充実してるかな?

 

 

行く前、なぜかドイツは厚い雲に覆われた、

どよーんとしたイメージだったんだけど(笑)

そんなことなかったな〜

 

 

ずーっと晴れてた!

でもめーっちゃ寒かった!笑

 

 

晴れてるのに霜化粧で白くなった街並みを見れるとは!

 

アルプス山脈のそばの山並みの景色があれほど綺麗だとは!!!!!

 

 

自然の美しさを楽しむ、という意味では、

今回のドイツ旅行が今までで一番だったな。

 

 

 

霜化粧とアルプス山脈はわたしの今回のドイツ旅行で

一番印象深かったことなんだな。笑

 

 

素敵だったよ〜〜〜ん

 

 

 

あ、最後に服装。

わたしは基本的に、

上が

キャミソール、ヒートテック、Tシャツ、厚手のニット、モッズコート

 

下が

タイツ、靴下、にズボン。

靴はサイドゴアのローヒールブーツ

 

でした。

これにマフラーと手袋。

 

 

ノイシュバンシュタイン城とローテンブルクに行った時は、

気温が常に氷点下かそうでないかのギリギリだったんだけど、

 

足がめちゃくちゃ底冷えしました。

 

ミュンヘンは9分丈のズボンでやばいかな…って思ったけど、

タイツ、靴下とブーツの丈で、剥き出しになることはなかったから、

寒さは全然気にならなかった!

 

 

一緒に行った子は、

裏地のついたユニクロのパンツの下に

タイツを履いて行ったら

ひたすら暑いとのたまってました笑

 

だからめちゃめちゃビビるほどではなかったかな笑

 

 

でも

靴に入れるカイロみたいなのあると安心ですね。

次行くときの教訓(笑)

 

 

上は結構着込んだらそんな寒さは気にならなかったかな。

 

 

 

 

思い出し終了。

長かったな(笑)

 

とても楽しかった。そんな6日間です。

またいけるかな。

いきたいかな。

いけたらいいな。

 

 

 

 

次は何についてブログを書けばいいんだろう。笑

 

とりあえず料理とか映画とか、エビ中かな。

今日、エビ中の写真集のお渡し会に実は行ってきたんです。

 

 

 

わたしの大天使 安本彩花さんにお会いしちゃったんです。

話しちゃったんです。

大天使と。

 

そんな感じのオタク剥き出しの記事になるのかな。笑

 

 

 

楽しみがたくさんあるんだよ。いぇい。

 

 

 

ぺたり

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

 

年末年始ドイツ旅行 4日目 Rothenburg観光

 

 

数日放置してしまった…_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

お久しぶり。

 

仕事始めもなんとか乗り切り、

週が明けると電車の混み具合も通常具合まで増え、

完全に年末年始気分が抜ける……

 

 

なんかちょっと寂しいな。

 

 

今日も仕事疲れたけど明日で終わり!

また週末が来るから頑張ろう〜〜〜

 

 

 

さて、忘れないうちにドイツ旅行の振り返り!

 

 

 

 

4日目です、12月30日!

 

 

この日はローテンブルク。

Rothenburg ob der Tauber、ローテンブルク オプ デア タウバー。

タウバー川の上のローテンブルクという直訳になるそうです。

 

 

 

以前更新したように、

前日のオプショナルツアーのガイドさんがとても親切な方で、

チケットの買い方を丁寧に教えてくださり、

ツアーの帰りに無事チケットを購入できたので、

 

この日は駅のホームに直行です。

 

 

 

f:id:ryyynu:20170112071504j:image

 

 

バイエルンチケットは電車に乗る前の刻印はありません

 

車掌さんがチケットを見に巡回してきますので、

その際チケットを見せればおーけーです。

 

 f:id:ryyynu:20170112071940j:image

 

 この電車で向かいます。

 

基本的に紙に書いてあるホームに来た電車に乗れば間違いないみたいですね。

 

 

たまにホームに変更があるからこの事前情報は信じるな、って事前にネットで見てビビってたんですけど、

 

私たちの時はこのチケット時に発行されたホームで変わりはありませんでした!

 

 

9:36 München中央駅発の電車に乗り込みます

 乗り換えとなるTreuchtlingen駅行きなので、

安心して乗り込むことができました

 

f:id:ryyynu:20170112072255j:image

 

 

先のクラスは2クラスです。

 

車両に1、2がそれぞれ書いてあるのですが、

ほとんどの席は2クラスなので、

たいてい適当なドアから入れば2クラスの席だと思います(笑)

 

 

車内に入ったところにも目のつくところに2クラスであることを示す数字が書いてあるので

この辺は問題なし。

 

 

初めの乗り換えの駅 Treuchtlingen駅まで2時間。

 

車内は割と空いています。

余裕で座れますか、途中乗り換え駅なのかな?

それなりに人が乗って来て、

席が軽く埋まるくらいにはなりました。

 

 

2時間電車に揺られ、Treuchtlingen駅に到着。

 

 

乗り換えの時間が5分ほどのものが多いため、ビビっていたのですが、

ローテンブルクはちょっとした観光地で向かう観光客の方も多く、

スムーズに行きました。

 

が、Treuchtlingen駅で乗り換えて乗る電車は

最初の電車とは違い、次の乗り換えとなるSteinach駅終着ではないので、そこだけちょっと不安だった(笑)

 

たいていの電車はWürzbrug駅(ウォルツブルク駅)行きです。

 

f:id:ryyynu:20170112073422j:image

 

Treuchtlingen駅からSteinach駅は1時間ほど。

 

 

多分この電車に乗る人はみんなローテンブルク向かってたんじゃないかな(笑)

 

 

ちらほら日本人とか中国人が目につきます

 

 

 

Steinach駅に着き、ローテンブルク行きの電車に乗り換え。

ここは20分ほどです。

 

 

 

駅に併設されてる案内所はフリーWiFiが通ってました。

WiFi持ってなかったからありがたい…!

 

ここに日本語の簡単なガイドもありました

 

(でもそこに載ってる地図とかはドイツ語笑)

 

 

 

駅を出て左手に曲がり、

T字路を右に曲がってまーっすぐ行くと、

ローテンブルクの入り口に。

 

 

入り口の門、レーダー門

 

f:id:ryyynu:20170112073929j:image

 

 

かわいい!

ひたすらにもう入り口から可愛い!

雰囲気ある!

可愛い!!!

 

 

ここは街の入り口にあたる撮影スポット。

 

f:id:ryyynu:20170112074005j:image

 

 

腹立ったらお花が咲いてて可愛いみたいです。

 

 

街の入り口で買ったローテンブルクの伝統菓子。

 

 

f:id:ryyynu:20170112074015j:image

 

柔らかいのかと思ってたら固かった(笑)

 

 

小麦粉をくるくる絞り出しながら揚げましたみたいな!

 

粉砂糖がかかったものがオリジナルらしい。

でも最近はチョコがけとかも出てるらしいね。

 

 

 

街並み。

 

f:id:ryyynu:20170112074028j:image

 

 

f:id:ryyynu:20170112074036j:image

 

 

ここも撮影スポットとなってる路地。

 Das Plönleinというらしい。

 

 

 f:id:ryyynu:20170112174736j:image

 

 

ローテンブルクを囲む城壁には歩けるスペースが!

 

f:id:ryyynu:20170112074946j:image

 

 

f:id:ryyynu:20170112180644j:image

 

わたしがいるとこはモザイクで勘弁笑

 

 

そこに無数の名前が貼ってあるんだけど、

日本の企業とか個人名がものすごく多かったのが印象的…

 

 

 

f:id:ryyynu:20170112075007j:image

 

 

こんな感じ(笑)

 

 

ローテンブルクの西側にある公園、ブルク公園。

春とかに来たらきっとお花が咲き誇って綺麗なんだろうな…

 

 

f:id:ryyynu:20170112075222j:image

 

 

街が囲まれてる様が見れてこれまた綺麗でした

 

 

 

f:id:ryyynu:20170112075318j:image

逆光ひどい(笑)

 

 f:id:ryyynu:20170112175805j:image

 

 

鉄のこのぶら下がったやつも有名!

 

 

たくさん飾ってあってどれもデザインが可愛くて!

 

 

 聖ヤコブ教会!

 

 

f:id:ryyynu:20170112075428j:image

 

 

 

 

f:id:ryyynu:20170112075521j:image

 

 

祭壇とは反対の、入り口側に階段があったので登った見ると。

 

 

有名だという最後の晩餐の彫刻が。

 

f:id:ryyynu:20170112075618j:image

 

 

彫刻の後ろにあるステンドグラスも綺麗!

 

f:id:ryyynu:20170112174018j:image

 

 

ぐるーっと街を一周歩いた後、

市庁舎の鐘楼を登る登る_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

ミュンヘン観光のときもだったけど

高いところに登って街並みを眺めるのがよきかな〜◎

 

 

f:id:ryyynu:20170112174146j:image

 

 

ただ、最後の階段てかはしご?がめちゃめちゃ狭い!!!

 

 

しかも急。

 

f:id:ryyynu:20170112174156j:image

 

 

登ってる時に横に貼られてる注意書きをさらっと見たら、

 

各国語で(日本語もあり)

 

展望台は5分未満で、との喚起がありました。

 

 

 

ベストシーズンは混雑するのかな?

 

 

あれだけ登りづらいはしごだと

上り下りに時間かかるし大渋滞起こるのが容易に想像できます(笑)

 

 

 夕方のローテンブルクの街並み(*'▽'*)!

 

f:id:ryyynu:20170112174645j:image

 

 

聖ヤコブ教会!照らされて綺麗だ〜〜〜

 

f:id:ryyynu:20170112174653j:image

 

 

 

ミュンヘンと同じオレンジ屋根の統一感(*'▽'*)💕

 

 

 

この時期は登れるのが4時までなのでご注意!

 

 

このあとお土産のショップをぶらぶら〜〜〜して、

昼ごはん食べ損ねたの今更ながら気付いて

電車で食べる用にパニーニ買って駅へ。

 

 

あ、30日と年末にだいぶ差し掛かってたけど、

お店はどこも平常運転でした🙌

 

 

f:id:ryyynu:20170112175047j:image

 

 

f:id:ryyynu:20170112174939j:image

 夕焼けに染まるレーダー門。

バイバイ、ローテンブルク涙

 

 

夕焼けに染まるローテンブルクは綺麗だったなあ

 

 

帰りの電車は終着駅が乗り換え駅だったから安心して電車に乗れたました〜〜

 

f:id:ryyynu:20170112180051j:image

 

寒い!寒い!ていいながら撮った写真笑

 

この日はよく歩いた一日。

 

ミュンヘンに帰ってお店を探す体力がなくて

ミュンヘン中央駅でピザとビールで晩御飯すませました笑

 

 

ローテンブルクは昼はかわいい!!かわいい!!!ひたすらにかわいい!!!の一言。

 

夕方以降はとてもノスタルジックな雰囲気があって

感じが違ってとても良かったです…!

 

 

夜の微かなライトに照らされた感じとかも良いんだろうなあ。

 

行きの電車でスーツケース持ってる人がちらほら見えたから

 

泊まる人も少なくないのではないでしょうか。

 

 

きっと綺麗だろうな。

うらやましいな。

 

 

 

そんな4日目です。

 

 

 

 

5日目の夜の便で日本に帰ってきたので、

振り返りももうそろ終わり!

 

 

ラスト5日目は大晦日。

 

 

お店がやってたらやってなかったり。

今週中に更新したい…!

 

 

 

ではー!

 

 

 

 

ぺたり

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

年末年始ドイツ旅行 3日目ノイシュバンシュタイン城

 

12月29日のお話です。

 

この日はマイバス社のオプショナルツアーに申し込みました。

 

ドイツのロマンチック街道を代表する古城であり、

シンデレラ城のモデルにもなったという

ノイシュバンシュタイン城

 

奇跡のキリストと言われる像があり、

世界遺産に登録されてから訪れる人が増えてきているという

フュッセンの教会ヴァース教会、

 

リンダーホーフ城

 

 

以上の3箇所を巡る日帰りバスツアーです。

 

 

朝、7:15にミュンヘン中央駅の26番線前に集合。

 

この日は人数が多いため二つのバスに分かれての移動となりました。

 

 

私が乗った2号車は27名。

 

待ち合わせ場所だった 駅のホームから、

駅の北口に出てバスに乗り込みます。

 

 

この日はホテルの朝食が待ち合わせ時間に間に合わなかったので、

駅でパニーニとフルーツジュースを購入。

 

写真撮り忘れたんだけど、

このジュースが本当に美味しくて!!!

 

 

駅の1番南側にあるコンビニ?ミニスーパー?みたいなところにある

250mlのペットボトルです。

 

 

色んな味があったけど、

この日飲んだのが1番美味しかったなあ

(次の日色々入ったのを挑戦したらまずかった)

 

 

キウイフルーツとグレープフルーツの

黄色味がかったやつが本当に美味しかったです。

 

 

これパニーニ。

 

f:id:ryyynu:20170106075037j:image

 

 

あったかかったらもっと美味しいのに惜しい感じ。

でも具の塩味が強いので、

唾液が出てきて口の中ぱっさぱさ!感はなかったです。

 

 

年末年始のドイツの日の入りは7:30すぎ。

 

f:id:ryyynu:20170106074745j:image

 

 

 

日の入りが綺麗です。

 

 

バスガイドさんがノイシュバンシュタイン城にゆかりのある王家について説明してくださいました。

 

 

ドイツのバイエルン州は、ナポレオン皇帝が活躍していたころ、

 

武勝を認められ、唯一一つの国家としての成立を認められたそうです。

 

 

 

そのバイエルン王国の王となったのは4人のみ。

マクシミリアン1世、ルートヴィッヒ1世、

マクシミリアン2世、ルートヴィッヒ2世。

 

 

この日向かったノイシュバンシュタイン城そしてリンダーホーフ城

最後の皇帝、ルートヴィッヒ2世が建てたものです。

 

各皇帝の考えられている人柄や歴史をとても面白く、お話ししてくださりました!

 

 

あとはご丁寧にお手洗いの場所や無料で使えるところなど教えてもらいました!

これ大事ね(笑)

 

 

そして10時ごろ。

バスを降りて一言、寒い。

めちゃくちゃ寒い。底冷えがすごい。

 

この日、マイナス6度でした。

 

 

でも周りを見渡して納得。

 

山は山なんだけど、アルプス山脈がすぐ横にあるんですね。

 

こりゃ寒いわけだ。

 

 

 

そしてノイシュバンシュタイン城ショック。

馬が走っている。笑

 

f:id:ryyynu:20170106075256j:image

 

 

駐車場からノイシュバンシュタイン城までは坂を登るんですが

20分かかるんですね。

 

 

それでバスの馬車が出ています。

 

 

行きはバスツアー客全員で歩きで登ります。

え!寒い中…って思われるかもしれませんが、

これがまた気持ちが良かったです。

 

空気はとても澄んでるし、

 

高いところに登ってきて下を見渡した時の

雲の上に来た感覚!

 

 

f:id:ryyynu:20170106075629j:image

 

ちょったした雲海です。

めっちゃ綺麗だった。

 

そこそこな運動になる坂を歩いてきて、

この景色見れるのはなんともやりきった感が、ね!

 

 

城の入り口に入る前に、ちょっとした展望台と、

一、二件の、屋台?みたいなのがあるんだけど、

 

 

そこで買えるホットワイン💕

 

f:id:ryyynu:20170106182409j:image

 

 

なんとも可愛いマグに入れてくれるんです!!!

 

 

シナモンの香りかかすかに香って、

すごいホッと温まります。

 

 

 

これでお値段5ユーロです。

安い。

 

 

ノイシュバンシュタイン城の入場券はツアーの方で予め用意してくれていました。

 

5分間隔に刻まれた集合時間があるようで、

チケットに集合時間が書いてありました。

 

 

わたしは11:00入場組です。

 

 

 

中に入り、電話の子機型のオーディオガイドを渡されます。

 

 

部屋を集団で進んでいくにつれて、

勝手に子機から流れてくる説明も進みます。

 

 

 

中は撮影禁止で写真はないのですが、

すごく、綺麗でした!(語彙力)

 

フランスのヴェルサイユとかのキラキラ感に近いものを感じるかな。

 

キラキラ感プラス、布の質感の上品さがすごい。

 

 

あと、ありとあらゆるところに

白鳥の置物だったり装飾だったり、ありました。

 

出口を出た後にある厨房後?の蛇口が白鳥さんでした

 

 

f:id:ryyynu:20170106183712j:image

 

ノイシュバンシュタイン城を訳すと新しい白鳥の城、みたいな理由も

これが所以なのかな?

 

 

f:id:ryyynu:20170106183121j:image

 

 

城の近くから見える湖。

 

と、それを囲むアルプス山脈

 

 

 

自然はいいね、綺麗だね。

 

 

 

出口を出て、左側に続く道を行くと、

城が一望できるマリエン橋に続きます。

 

 

f:id:ryyynu:20170106183239j:image

 

 

 

にしてもすごい人。笑

 

 

 

 

でも夏はもっと多いらしいです、お客さん。

 

 

 

去年はドイツは猛暑だったみたいで、

38℃まで気温が上がった中、

ずーーーっとこの橋から見えるお城見たさにものすごい行列ができてたとか。

 

 

冬の方がすぐ見れるし良いですよーとガイドさんはおっしゃっていました。

 

寒いけどね、、、!笑

 

f:id:ryyynu:20170106183431j:image

 

 

ちゃーん!

 

 

めっちゃ綺麗。

 

 

 

 

このマリエン橋、最近改修して、新しくなったと聞いたのですが、

 

空いていると言われる冬の観光客の重みですら

若干ガタついていました。

 

 

場所によってはギギーみたいな音も立てて。笑

 

 

 

下は断崖絶壁、滝壺になってるので

これはなかなかな、スリルだ………!

 

 

 

f:id:ryyynu:20170106183630j:image

 

 

このあと、帰りは時間も勿体無いしバスがオススメ、というガイドさんのいう通り、

 

10分ほど待ってマリエン橋からすぐ近くのバス停から

麓に降りていきます。

 

 

が、マリエン橋でのんびりしすぎて、

集合の13:15までにお昼が食べられない!

 

 

 

急いでお土産を買い込んで、

 

ソーセージをパンに挟んだものを屋台で買い込み、

 

バスに走って帰りました笑

 

 

 

 

この次はフュッセンにあるヴィース教会へ。

 

 

f:id:ryyynu:20170106184002j:plain

 

 

建物の白い壁がとても印象的なヴィース協会。

 

この日の快晴の空にとてもよく映えます。

 

 

 

ここの司教さんは少し厳しい方らしく、

私語が多い方や、フラッシュをたいて写真撮影をする方に対して、

教会を出るよう促すこともあるんだとか。

 

 

確かに中の雰囲気は、

鮮やかな色に包まれた教会とは違い、

ピリッとしまった雰囲気でした笑

 

ここの身廊と内陣は

ロココ様式のうち最高峰と言われる美しさだそうです。

 

 

f:id:ryyynu:20170106184014j:plain

 

暗くて見えないけど、鞭うたれて体が屈折したキリストの像が有名みたいですね。

 

 

 

とある日、この木像の顔に涙のような水滴がついていて

ヴィースの奇跡、として有名になったんだとか。

 

 

 

にしてもこの教会の内装はほんとにきれいだったなあ。

 

すごくよかった、ほんとに。

 

 

 

f:id:ryyynu:20170106184026j:plain

 

 

外に出て、向かって北側と逆の側面を見に。

 

 

 

いやあ、ほんとにきれいだった。

内装・外装ともに素敵な教会でした。

 

 

 

30分の制限時間じゃ全然足りないほどに。

 

 

 

最後に教会の目の前でお兄さんが目の前で揚げてくれる揚げパンを買って

これまたバスの待ち合わせぎりぎりでダッシュ!

 

f:id:ryyynu:20170106221340j:plain

 

 

 

 

 

ここの教会の時間30分は短いなあ。

 

 

 

バスに乗って40分くらいかな?移動して着いたのは

リンダーホーフ城

 

 

ノイシュバンシュタイン城を建てたルートヴィッヒ2世が

こちらのお城も建てたそうです。

 

 

わたしノイシュバンシュタイン城とまではいかないまでも、

大きい教会くらいの大きさのお城を想像してたんだけど、

予想以上にこじんまりとしてまとまりのあるかわいいお城でした!

 

 

 

f:id:ryyynu:20170106221406j:plain

 

 

 

ここはほんとにアルプスを感じる。

ヨーレヨーレヨッヒッヒー

(ごめんなさい)

 

f:id:ryyynu:20170106221512j:plain

 

 

 

リンダーホーフ城では、解説ガイドをCD音源で部屋ごとに流してくれます。

 

 

 

なので、同じ言語の観光客がある程度の人数が集まって、

案内の係員に従ってみんなで部屋を移動していく形になります。

 

 

今回はツアーのお客さんで十分人数がいたので、日本語のガイドを聞くことができました。

 

こじんまりとしてあコンパクトさ?から?

ノイシュバンシュタイン城よりもリンダーホーフ城のほうが好きです!

っていう(特に女性の)お客さんも多いとガイドさんが教えてくれました。

 

 

いや、とてもきれいでした!

 

 

 

 

 

そして帰りのバス。

もう爆睡。

 

 

電車とかで寝るとかできないし、

こんなに安心できる環境は他にはなかったな……(笑)

 

 

バスは相当なスピードで走ってたけど(笑)

 

 

 

帰りはオーガスティナービールのビアホールでビールをひっかけて帰りました。

 

 

f:id:ryyynu:20170106221621j:plain

 

パウラナーよりも辛めでのどにがっつーーんとくる感じ。

ものそいおいしい。

 

 

このとき食べた、豚肉のステーキ?と

パプリカのスパイシーソース掛けがものすごいおいしかった。

 

f:id:ryyynu:20170106221710j:plain

 

 

 

この前日に食べたお肉類よりおいしかった!(笑)

 

 

 

そんなこんなで一日が終了。

 

やっぱりバスツアーはらくちんの一言に尽きますね。

 

 

見たいところをしっかり時間をかけてじーっくりみたいっていうならば

やはり自分たちで計画していったほうがいいな、と再確認。

 

 

でも拠点とする町からどうしても距離があると、

こういうのに頼らざるを得ないですね。

 

交通の便が良くないところだととくに。

 

 

 

個人旅行にオプショナルを少しずつかませるのが、

やはり私のお気に入りとなりそうです。

 

 

これでやっと折り返し!!

 

 

12月30日に行ったローテンブルグと、31日に最後サラーっと回ったミュンヘン観光で

ドイツの旅行記も終わりです。

 

明日は更新できるかな、どうかな。

 

 

それでは!!!

 

 

 

 

 

 

 

 ぺたり

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

年末年始ドイツ旅行 2日目 München観光

 

 

こんばんは!

 

昨日は更新できなかった………!

 

 

 

本日が仕事始めとなりました。

1週間半ぶりに仕事に行くのがこんなに辛いことだとは。

 

 

同僚や先輩方と久しぶりにお会いできて

ちょっと久々の感じに

なんだかふわふわと地に足がつかない状態。

 

 

仕事が手につくはずもなく。

 

 

 

それでもまぁなんとか1日乗り切りました。

 

 

明日を乗り切れば三連休です!!

 

 

 

困ったことになんの予定もないけどね!!!!笑

 

 

 

 

さて。

 

ドイツ旅行2日目の振り返りを本日はしたいと思います。

 

 

 

 

前日の18:30〜19:00くらいだったかな、

ミュンヘン中央駅より徒歩5分かからないところにある

ホテルゲルマニアに到着、

 

一晩を過ごしました。

 

 

 

次の日は6時に起床。

 

 

7時から10時までやっているという朝食を7時に食べに行きました。

 

 

どこの国に行っても思うのは、

朝食が開放される時間にくる宿泊客の日本人率の多さ。笑

 

朝からしっかり起きて行動したい!!!っていう?国民性?がよくわかります(笑)

 

 

 

ヨーロッパは遠いもんね。笑

わたしもたくさん観光したいから早くに朝食取りに行った組だしね。笑

 

 

朝食を済まし、歯を磨き、軽く荷物整理をして

8時ごろかな。

 

ホテルを出ます。

最初の目的地は朝から開いている教会に向かうことに。

 

 

フラウエン教会と聖ペーター教会を目指します。

 

ホテルを出て左にある大通りをまっすぐ進みます。

 

 

駅の方(ホテルを出て右に進んだ先の大通り)に出た先の大通りをまっすぐ進めば、

マリエン広場までほぼほぼまっすぐ進むだけの

ノイハウザー通りに出たのですが、

 

 

いまいち土地勘がないため、

ノイハウザー通りよりも南側にある小道をくねくね歩きながら向かいます。

 

 

f:id:ryyynu:20170105212247j:image

 

 

途中、大通りに出ます。

 

カールス広場につながるBarer.Strです。

 

f:id:ryyynu:20170105212323j:image

 

 

道を横断し、また小道を進んで行きました。

 

 

f:id:ryyynu:20170105212647j:image

 

 

と、いつの間にノイハウザー通りに出ていました。

 

ずーっと進むとひときわ縦に長い建物が左手に見えます。

 

玉ねぎ型のドームが先端にある塔を二本持つ

ミュンヘンのシンボル的教会、フラウエン教会。

 

 

f:id:ryyynu:20170105212554j:image

 

 

残念ながら、塔の南側が工事しており、

 

写真映えはせず。

 

 

f:id:ryyynu:20170105212919j:image

 

 

内装は白を基調としたシンプルな作り。

 

後期ゴシック様式の聖母教会だそうです

(るるぶより。)笑

 

 

 

ミュンヘンではここのステンドグラスが1番綺麗だったんじゃないかな

 

 

 

f:id:ryyynu:20170105212936j:image

 

 

f:id:ryyynu:20170105213007j:image

 

 

こなや写真のが該当するかはわからないんだけど、

キリスト教の受難を表したステンドグラスなんだとか。

 

 

 

朝はお祈りに来ている方も、観光客も少なく、

 

荘厳さが2割増し。

 

 

 

入り口に悪魔の足跡と呼ばれる床のタイル?があったらしいんだけど、

探し損ねました。

 

 

くそう。

 

 

教会を後にして、

 

ノイハウザー通りに戻り少し進むと、道がひらけ、

 

マリエン広場と新市庁舎に到着します。

 

 

 

新市庁舎の迫力たるや。

 

 

f:id:ryyynu:20170105215352j:image

 

真ん中に、中庭に続く道があったので進んでみました。

 

 

f:id:ryyynu:20170105213650j:image

 

 

クリスマスの名残も。

 

 

f:id:ryyynu:20170105213708j:image

 

 

新市庁舎の壁から出てた謎の物体。笑

 

f:id:ryyynu:20170105213753j:image

 

 

 

ノイハウザー通りに戻り、おもちゃ博物館の手前の道を右に曲がります。

 

 

聖ペーター教会。

 

ミュンヘン最古の教会です。

 

 

 

ここにある塔も登れる、ということだったのですが、

そのことに気づかず、この時はここを後にしてしまいました笑

 

 

この日の夕方、登りに戻って来たのはここだけの話。笑

 

 

f:id:ryyynu:20170105214215j:image

 

 

内装が綺麗でした。

 

 

 

聖ペーター教会を出て、東に向かうと、

ヴィクトアリエン市場に出ました。

 

f:id:ryyynu:20170105215115j:plain

 

 

 

ここでは屋台のような連なったお店でソーセージの販売や

パニーニなどが買えるようです。

 

 

クリスマスの飾り付けなどを揃えたお店などのウィンドショッピングをしてるだけで

時間が過ぎます。

 

めっちゃ可愛い。

 

 

f:id:ryyynu:20170105215305j:plain

 

 

 

ここから30分、北に向かい、

アルテ・ピナコテークを見学。

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチラファエロの聖母子画、

アルプレヒト・デューラーの自画像を見学しました。

 

 

建物の二階が主な展示場なのですが、

アルプレヒト・デューラーの自画像は一階にあります。

 

 

 

めちゃくちゃ探しました。笑

 

 

受付から二階に向かわず、

左手にあるショップを突き進むと、右手にも3つほどの小部屋があります。

 

 

その真ん中の部屋の奥側に自画像はあります。

 

 

 

有名な絵のはずなのに、二階をどれだけ探しても見つからなくて焦りました(笑)

 

 

館内の案内パンフレットもなかったので、

拙い英語でインフォメーションの方に教えていただきました。笑

 

 

 

あ、この美術館で驚いたのは、

ロッカーに荷物を預けるよう言われました。

 

 

今までいくつかヨーロッパの国には行ったことあっけど、

 

荷物を預けるよう言われたのは初めてだったのでびっくり。

 

 

荷物を展示物にぶつけて、破損してしまった事例がドイツではあるようで、

 

この後訪れたレジデンツでも荷物は預けてから入るよう言われました。

 

 

レジデンツでは、クロークで係りの方が預かってくれる形式でしたが、

 

アルテ・ピナコテークではロッカーでした。

 

 

 

パスポートとお財布は持っていた方が安全だと思います。

 

 

 

さて。

 

美術館を出た時点での時間は11:30。

 

 

 

ここから15分ほど歩き、レジデンツへと向かいます。

 

 

骨董の間。

 

なんだかとても不思議な空間です。

ここでたぶん30分近く時間をつぶしたんじゃないでしょうか。

 

きらびやかでとても豪華。(語彙力w)

 

 

f:id:ryyynu:20170123212718j:image

 

 冷静に考えて、寝るのにベッドに登るのに一苦労しそう(笑)

 

 

f:id:ryyynu:20170105221702j:plain

 

 

 

先祖家ギャラリー。

肖像画がずらーっと並びます

 

f:id:ryyynu:20170105223340j:plain

ちょっとした鏡の間的なね。

 

f:id:ryyynu:20170105223526j:plain

 

 

 

レジデンツはざっと1時間半くらいかかったでしょうが、、、

 

 

f:id:ryyynu:20170105223542j:plain

 

 

 

歩き疲れてこの後マリエン広場に面したカフェで1時間弱、休憩をはさみました。

 

 

 

 

さて、この時点でたしか15:15ごろでした。

 

 

冬のこの時期のドイツの日没は16時過ぎ。

 

 

 

もう夕方に差し掛かっています。

 

 

 

 

夕日に照らされたミュンヘンを一望しようと、

ここで塔に登ることに。

 

 

聖ペーター教会→新市庁舎の順に登りました。

 

聖ペーター教会はすべて階段です。

 

なかなか狭く、また急な階段をひたすら登ります。

5分くらいかな?

 

 

 

頂上はものすごい混んでいました。

 

 

5分くらい人が流れるのを待ちました。

 

 

 

どうやら塔の北側から見える、

フラウエン教会と新市庁舎のこの町のシンボル的2ショットが

一望できる場所から写真を撮ろうと列ができているようで、

 

この列に並ばない限りは一周できないような感じでした。

 

 

 

でもこれは、並んでみる価値があるかもしれない。

夕方だったから余計、きれいでした。

 

 

屋根がオレンジに統一されているのはやはりきれいです、、、

 

 

f:id:ryyynu:20170105223650j:plain

 

 

 

次は新市庁舎。

 

 

聖ペーター教会は階段でしたが、こちらはエレベーターで向かいます。

 

 

 

中庭に続く入口の途中に、ちょっとした人だかりというか列があります。

 

 

ここにエレベーターの乗り場があり、4階まで登ります。

 

 

 

4階まで登ると料金所、そこからさらにエレベーターに乗って

(たしか)9階まで登ります。

 

 

先ほどまで登っていた聖ペーター教会の塔が見えます。

 

 

日がさらに沈んで幻想的。

 

 

 

f:id:ryyynu:20170105223857j:plain

 

 

 

下ることにはすっかり日が暮れていました。

 

 

余力を絞って、もう一つ、レジデンツに行ったときに通りがかった

黄色い大きな建物が教会だとわかり、行ってみることに。

 

 

テアティナー教会。

 

 

 

とても荘厳な雰囲気の教会だったな。

 

f:id:ryyynu:20170105224306j:plain

 

f:id:ryyynu:20170105224317j:plain

 

 

とてもきれい。

 

 

他の国ではわからないけど、

教会の祭壇?のほうにクリスマスになるとツリーが左右に飾ってあって。

 

 

それがどこか可愛げがあるのに、不思議と教会の荘厳さに合うだなあ。

ふしぎ。

 

 

 

このあと、マリエン広場に向かいながらマリエン庭園の真横にある

銘菓?コーヒーで有名?なDallmayr(ダルマイヤー)とかでお土産をみてぶらぶら。

 

さすがにこの日は割ともうこれでへとへと。

 

 

 

近くのビアホールでご飯を食べて帰ろうと向かったのが

パウラナー・イム・タール。

 

 

1643年から醸造が行われているというパウラナー直営のシュヴェンメ(るるぶより笑)

 

 

席に着く際、bar?dinner?と聞かれました。

ディナーを選択。

 

 

ウェイターのおじさまがメニューを英語の渡してくれます。

 

頼むとビールがすぐに出てきます。

飲みやすい。

 

軽い口当たりですごくおいしい!!!

 

f:id:ryyynu:20170105230129j:plain

 

 

 

ビールの注文をした後は、まったく食事を聞きに来てくれない。

店内はとても繁盛していたので忙しいのでしょうか。

 

分からず呼びましたが、またあとで来るからちょっと待ってね、

的なことを言われました。

 

日本と違い、オーダーは取りに来てくれるまで、できないみたいです。

 

注文してきたのがこちら。

ボリュームやばい。(笑)

 

 

りっかりに焼いてあるベーコン。

 

付け合わせがポテトなんだけど、

やたらもちもちしてて、たぶん小麦粉?片栗粉?を混ぜ込んでるのかな?って味!

 

(日本人だと好みが・・・)

 

ちなみにこのジャガイモ団子、Knodelというみたいです。

f:id:ryyynu:20170105225139j:plain

後ろに写ってるのはザワークラウト

メインが結構しっかりした味だから、このさっぱり感がたまらんかった…

 

 

そしてもう一品。

 

こっちのほうがおいしかった。

グーラッシュ(Gulasch)

 

牛肉を煮込んだハンガリーの料理をドイツ版にしたものだとか(るるbry)

f:id:ryyynu:20170105230155j:plain

デミグラスににた少し甘いたれがかかってます。

 

こっちの付け合わせは普通にスライスしたジャガイモを

こんがり焼いてあっておいしかったです。

 

 

 

 

これでそれぞれ10ユーロしないのがすごい笑

 

 

ここで、相席になった中年の夫婦と話が弾みました。

 

シュッツガルトから2時間かけて車で来たという夫妻。

 

 

 

どこから来たの?明日はどこに行くの?

と、とても分かりやすい英語を話してくださりました。

 

乾杯をドイツ語でいうとProst!!(プルースト!)というのよ、

と教えてくださり、

4人で乾杯しました。

 

 

明日はノイシュバンシュタイン城に行く、と伝えると、

奥さんが行ったことがあるらしく、とても素敵な場所よ、と教えてくださりました。

 

ただ、日本人と中国人とアメリカ人、あとは少しのロシア人しかいない、と。(笑)

 

 

旦那さんも行ったことはないけど、素敵なところさ!と笑ってらっしゃいました。

 

 

 

うん、この夜が一番楽しかったかもしれない。(笑)

 

 

 

旅行先での出会いって素敵ですね。

 

 

それと同時に、あまりに英語が喋れな過ぎて、

英会話入ろうかな、と頭をよぎりました(笑)

 

9時ごろにお暇しまし、20分ちょっと歩いてホテルに帰還。

 

 

 

この日の歩いた歩数はなんと24000歩!(笑)

 

 

よく歩いた一日だった・・・めっちゃ疲れた…。

 

 

そんな感じの2日目です。

 

 

 

 

最後のほう内容が薄くなっちゃったな。

あと4日分!

がんばろう!

 

 

 

明日は週末!みなさんがんばりましょう!

 

 

 

 

 

最後にペタリ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

年末年始ドイツ旅行記 1日目 羽田空港→München、ホテルまでの移動

 

 

こんばんは!

 

早速昨日、ブログを立ち上げたわけですが、

今日からドイツ旅行のこと、少しずつ書いて行きたいと思います。

 

 

今回の旅行、年末年始に有給を使って大型連休にできる!

と分かったのが12月の10日あたりだったんですね。

 

 

その話を聞いた時に隣にいた同期に誘われて

この度の旅行が決まりまして。

 

 

彼女はヨーロッパに行ったことがなかったみたいで

せっかくの大型連休だからヨーロッパがいい!

 

とのことで探したところ、

日付も近いためか満席だらけ。

 

 

唯一残りがあったのがドイツ🇩🇪でした。

 

 

 

わたしも行ったことない国だしいっかな、と。

 

 

旅行会社は旅工房さんです。

 

こちらも初めて。

 

 

 

社会人になったし、お金を多少積んでも、と

羽田空港発着のANA便のツアーを選択しました。

 

 

 

12月27日、10:15に羽田空港国際線ターミナルで待ち合わせ。

12:45フライトの飛行機 NH217便です。

 

 

 

 

やはり日系の航空会社はいいですね。

 

邦画はたくさんあるし、

CAさんも日本人だから言葉が通じる😭笑 

 

f:id:ryyynu:20170103182956j:image

 

唯一写真を撮った機内食

 

海鮮ちらしです。

ちらしと聞いてたのにほかほかの温かさで出て来てびっくりしたけど笑

 

 

このあとデザートでハーゲンダッツ出て来たのはびっくりしました。

 

 

 

わたし映画見るのに最近ハマってて。

睡眠時間確保しなきゃーと思いつつ映画選び、、、

 

 

 

君の名は。

高台家の人々

セトウツミ

 

 

の3本見ました!

 

 

 

君の名は。とかまだ上映中なのにもう見れちゃうんだ、、、

 

とびっくり。

 

 

映画館で2回見たけど、

やっぱりつい見ちゃうよね。

 

 

映画の感想はまたの機会に。

 

 

約12時間のフライト後、

現地時間の14:45にミュンヘン空港に到着。

 

 

スムーズに入国審査を受けて………と言いたかったんですけど、

 

海外旅行をしてて初めて、

色々質問されました。

 

 

わたし、まっっったく英語できないんですね。

油断してました。

何も聞かれるはずがないと。笑

 

私たちがドイツに行く1週間ほど前、

ベルリンのクリスマスマーケットにトラックが突っ込んだ事件が

ISによって起こされていたので

 

 

たぶんその影響で警備強化されたのでしょうか。

 

 

 

たぶん聞かれたことは

 

     旅行の目的

        →Sightseeing、trip

            (わたしは英語が出てこなくて visit!と答えました。)

             (馬鹿丸出し涙)

 

 

      同行者

          →with my friend.

             身振り手振りで、隣で入国審査を受けてた同僚を必死に指差しました

 

      滞在時間?

           →6days!

 

 

 

英語が分からなくて若干イラつかれました笑

 

いや、かたじけない。

 

 

 

入国審査を終え、荷物を受け取った後はバス乗り場へ。

 

 

今回初めて、ツアーの送迎を行きは付けませんでした。

 

ルフトハンザ航空のバスがミュンヘン中央駅まで出ているとのことだったので

自力で行ってみようかと。

 

下調べした時は到着した時のサービスカウンターで

チケットが買えるとのことでしたが、

 

バス乗り場に出る建物の入り口にあった受付では買えないと、

対応してくれたおじさんに言われてしまいました。

 

 

バス乗り場に続く出口をとりあえず出ます。

 

 

 

入り口から一番近いバス停を見ると、

ミュンヘン中央駅行きとありました。

(München Htb.だったかな?)

 

 

バス停はHの緑文字が丸で囲まれている、ものが書かれた

一番乗り場です。

 

 

バスが止まっており、中には誰も座ってません。

 

時刻表にはあと5分で発車とあったので、

しばらく待っていると運転手らしき男性がやってきました。

 

 

ミュンヘン中央駅に行きたいというと、

トランクを開けてくれ、スーツケースを入れるのを手伝ってくれました。

 

 

一人当たり10.5ユーロ(だった気が)を運転手さんに渡し、席に着きます。

 

 

乗車時間はおよそ45分ほど。

 

 

途中一箇所止まりますが、ミュンヘン中央駅は終点です。

 

 

ですが。

終点で駅についてもどこにもMünchen

と書かれていないんですね。

 

 

 

え?ここ??

っときょろきょろしていると運転手さんに降りるよう声をかけられます。

 

 

……ここなのか??

 

 

不安ながらもとりあえず降ります。

 

 

 

言ってしまえばMünchen中央駅の北側に着きます。

 

私たちのホテルは駅の南側だったので、

駅のホームを突っ切り、まずはホテルに向かいます。

 

 

f:id:ryyynu:20170103185657j:image

 

f:id:ryyynu:20170103185725j:image

 

 

宿泊したホテルはGermaniaという格安ホテル。

 

 

https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g187309-d228302-Reviews-Germania_Hotel-Munich_Upper_Bavaria_Bavaria.html

 

 

 

格安と言ってもとても快適なホテルでした。

 

部屋は広いし

清潔感もある。

 

 

ちゃんと強風が出るドライヤーもある。

 

 

バスタブはなかったけど。

シャワースペースのみだけど。

 

f:id:ryyynu:20170103190241j:image

 

 

なにより。

 

日本人のスタッフさんがいらっしゃいました。

 

これは大きい。

 

 

とても心強かったです。

日本語で話せる安心感。

 

 

ドイツ人スタッフの方もとても優しい雰囲気の方で

ゆっくりわかりやすい英語を話してくださいました。

 

 

ここのスタッフさんは優しそうな人が多い…!

これはなかなか大事です。

 

 

 

 

この日はホテルに着いた時点で18時半くらいだったので

 

近くのおみやげ屋さんに立ち寄って食料調達をして

 

部屋で済ましてしまいました。

 

 

 

ドイツビール、

お惣菜屋さんで買ったオリーブ、海老のマリネ、マッシュルームのマリネ、

ポテトチップス、

生ハム。笑

 

 

なんともお粗末な。笑

 

 

f:id:ryyynu:20170103190044j:image

 

 

 

お惣菜屋さんのお兄ちゃんがこれまたいい人でした。

 

 

 

どこから来たの?

 

 

どのオリーブがいい?

 

これ試食してみなよ。

 

 

と。

 

 

 

とても気さく!

 

 

 

 

やはり日本人はお金を持ってるせいでしょうか、

カモなのかな。

 

 

対応がいい。笑

 

 

 

 

オリーブはかなり塩辛くて、

他のお惣菜も味がしっかり目だったので、

 

ああ、バケットを買っておくんだったと後悔しました(笑)

 

 

 

そんなこんなの1日目です。

 

 

 

特筆することないのにこの長さ。

 

うーん残りの日数しっかり書けるかな(笑)

 

 

 

 

あ、ドイツビールは缶でも美味しかったです。

 

 

ただ、部屋に栓抜きが置いてあります

(なんて心遣いができるホテルだろう!!!)

 

 

栓抜きがあるのに気づかず買い物にでてしまったので

帰って来て瓶ビール買えばよかったね…

って話になったので

 

 

ホテルGermaniaに行かれる方は心の片隅に置いておくと良いかもしれません。笑

 

 

 

 

 

 

 

ぺたり

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

バイエルンチケットの買い方。有人窓口にて

 
3日目。
ドイツ鉄道を乗り継いで、ローテンブルクに向かいます。
 
前日に参加したマイバス社のオプショナルツアーのガイドさんに行き方とチケットの買い方を教えてもらい、
ツアーが終わった後、チケットは買っておいたので、
この日は朝ホテルを出た後は駅のホームに直行することができました。
 
購入したチケットは、バイエルンチケット。
1日バイエルンの指定区間を乗り降り自由にできるチケットです。
 
2人で33ユーロでした。(有人券売所で買ったためプラスα込みの値段です)
 
 
チケットは、
ミュンヘン中央駅の中央口にある、
DBと書いてあるチケットセンターで購入しました。
 
 
 
手書きでごめんなさい。
 
チケットセンターの簡単な場所です。
 
 

f:id:ryyynu:20170103010601j:plain

 
 
 
 
外観はこんな。
 

f:id:ryyynu:20170103010200j:plain

 
 
 
 
券売機もあるのですが、
電車の時間も調べてくれるし、分かりやすいしで、こちらで買うのをオススメされました。
 
 
 
 
この部屋に入ると、正面に整理券を取る機械があります。
液晶にボタンが写し出されており、
ボタン部をタッチすると整理券が出て来ます。
 
 
部屋にスクリーンがいくつかあり、
整理券の番号と対応窓口が順に映し出されます。
 
 
 
私たちがチケットセンターを訪れたのは18:30前ほどで、待ち人数は15人ほどいましたが、
窓口が15個ほど空いていたためか、
5分と待たずに対応していただきました。
 
 
窓口に行き、英語力に自信が全くなかったので、
ミュンヘンからローテンブルクに行きたい旨を書いた紙を見せました。
 
 
-------------------------------------------------------
 
  2adalts(2名)  bayern ticket
 
  30.Dec.2016
  Munchen→Rothenbrug
      9:00
 
  Rothenbrug→Munchen
       17:00
 
 -------------------------------------------------------
 
 
 
これを見せると、この時間に合わせた電車の候補を印刷してくれます。
 
 
 
 
行きと

f:id:ryyynu:20170103005303j:plain

 
 
 
帰り

f:id:ryyynu:20170103005333j:plain

 
 
(帰りの紙の写真横になっちゃった)
 
(変え方が分からない笑)
 
 

 
 
9時にミュンヘンを出てローテンブルクに向かい、
17時ごろにローテンブルクを出たいという旨のメモで、
この時間の電車が提示されました。
 
 
 
 
そしてこれがチケット。
 
 

f:id:ryyynu:20170103005513p:plain

 
(なぜかこの写真だけ小さい)
 
(変え方が分からない)(本日2度目)
 
 
 
バイエルンチケットは1〜5人まとめて購入出来、
複数人で買ったほうがお得になるようです。
 
 
枠の中に一名記名し、
裏側の色が付いてる範囲に同行者の記名をします。
 
 
 
 
切符を購入すると、乗車前に刻印しなければならない?のですが、
バイエルンチケットは必要ありません。
 
乗車中に車掌さんがチケットを見て回りにくるので、
その時提示すればOKです。
 
 
 
ざっとこんな感じでしょうか。
 
 
 
有人の窓口でチケットを購入するのはとても簡単でした。
 
 
覚えておこう、またいつかドイツに行く日まで。
 
 
 
 
ブログ村というのに勢いで登録したよ。
 
ぺたり。
 
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村